(株)宮原合成
(株)宮原合成は、熱可塑性と熱硬化性の成形技術の融合により、日本の精密プラスチック成形加工のパイオニアを目指します。

(株)宮原合成よりのご挨拶


 新世紀も時を重ね、ITやハイテクの進歩のスピードはますます加速度を高め、その恩恵なくては生活も仕事もままならない時代と言っても過言ではないでしょう。
 当社もそのエレクトロニクス分野への製品供給の先端企業としての責任と使命を痛感しております。昭和38年の創業以来、その時代のその社会の多彩なニーズに柔軟に対応し、市場の様々な変化・進化へも的確に取り組んでまいりました。
 宮原合成の歩みは、未知なる領域への挑戦と、最高水準の技術基盤の構築の歴史だと自負しております。常にフレキシブルな発想と先進性を持って研究開発や新技術の導入を計ってきたつもりです。一歩先を見た独自なもの、宮原合成のアイデンティティーに即したオリジナルの設備にこだわって組み入れてまいりました。
 しかし、どんなに高度な機械やシステムを駆使しても、ひとつひとつコツコツと手をかけて創り出す「基本的なモノづくりの精神(こころ)」は失ってはならないと強く感じております。生産システムやコンピュータパネルばかり見るだけでなく、その先にあるモノ(製品)や、それを用いるヒトテクノロジーは信頼しますが、信用し過ぎてはならないとも思います。




代表取締役 社長
宮原 一二

 そして、その理想とする企業基盤の確立には、みずみずしい感性と情熱を持った「人材」が必要です。地域と交流し、そこからの雇用と育成は当社の大切な経営理念のひとつであります。アジア諸国の厳しい追い上げの中にも世界中に向けて技術や製品を発信したいと考えておりますが、人材はなるべく地元からと思っています。地域に貢献させていただき、その活性化に役立つことが、そのまま当社の未来の企業活動の源泉を豊かにすることだと信じております。
 日本ならではのモノづくりの精神や職人的なモノへの思い入れ、道具へのこだわりが、その日本の文化の広くて深いモノづくりの本質的な部分を形成していた長い時代がありました。あの知恵や発想や仕事を通じて、自己啓発を図る考え方を学び直すことができるなら、活路は開けるはずです。
 環境との調和をはかり、ISOを会社の実務にマッチングさせ、世界に誇れるオンリーワンの「モノづくりの匠」を目指して邁進し続ける所存であります。


経営理念

経営理念

(株)宮原合成は、下記3項目を企業活動の理念として社会に貢献することを目指しています。

一、社会への奉仕
一、質の向上
一、喜びの創造



経営(品質)方針
一、「顧客対応力の強化」で、
  お客さまにとってなくてはならない会社になろう。
一、「技術力・営業力を強化」し、
  不況でも仕事を確保できる力を身に付けよう。
一、社員としての基本姿勢を守り、

  「人と人との繋がりを強化」しよう。

会社概要

会社概要


社 名 株式会社 宮原合成
創 業 昭和38年
設 立 昭和53年9月
資本金 1,000万円
代表者

代表取締役 宮原 一二

専務取締役 宮原 舛旺

取 締 役  宮原 純子

従業員数

47名(男子31名 女子16名)

事業内容

プラスチック成形〔熱硬化性・熱可塑性〕

金型設計製作

各種アセンブリ及び組立、プレス、挽き物

〔精密プラスチック部品を中心とした上記事業を展開する。〕

所在地

本社及び工場

群馬県桐生市新里町板橋979番216

取引銀行

桐生信用金庫、しののめ信用金庫、群馬銀行

売上高

9億円

不動産設備

土地13,611㎡ 建物2,293㎡

国際標準化機構

ISO9001:2008 認証取得

ISO14001:2004 認証取得

ソニー・グリーンパートナー認定工場

会社沿革

会社沿革


昭和38年11月

群馬県みどり市東町小中418番地に、個人による創業を開始する。

コンプレッション方式によるプラスチック成形を始める。

昭和45年10月 射出成形機用(熱可塑性)の工場を設立し、熱可塑性の射出成形を開始する。
昭和48年  4月 射出成形機用(熱硬化性)の工場を増設し、熱硬化性の射出成形を開始する。
昭和48年10月 (有)宮原合成樹脂工業を設立する。
昭和53年 9月 (株)宮原合成を設立する。資本金500万円
昭和59年 4月 (株)宮原商会を資材購入会社として設立する。
昭和59年 8月 トランス分野への進出に伴い、端子圧入機を導入する。
平成 4年 4月 円高に伴うメーカーの生産拠点以降への対応のため、複合製品への転換を開始する。
平成 7年 8月 取締役宮原一二が、代表取締役となる。
平成 7年12月 資本金1,000万円とする。
平成10年 3月 工場を増設し、成形機の増設と金型部門を設立する。
平成14年12月 ISO9001:2000を認証取得する。
平成18年 2月 ISO14001:2004を認証取得する。
平成20年12月 ISO9001:2008を認証取得する(規格改定による)。
平成21年 6月 社員のスキルアップを目指し国家試験の取得を推進する。
平成22年 7月 新社屋・工場建設に着手し、生産の効率化と品質の高度化に着手する。
平成23年 8月 新社屋・工場完成に伴い、群馬県桐生市新里町板橋979番216に全面移転する。

アクセス

アクセス


住所

〒376-0136 群馬県桐生市新里町板橋979番216
電話:0277-46-9500
FAX :0277-46-9501

営業時間

営業時間 : 8:00〜17:00

E-mail

miyaharagousei@gaea.ocn.ne.jp

Map


大きな地図で見る
近郊の案内図はこちらLinkIcon


ISO 9001 :2008
ISO 14001:2004
認証取得
SONYグリーンパートナー
認定工場
ISO9001,14002,SONY GP

UL認定製品生産可能